保険適用と適用外の治療

女医

どっちの機関で受けるか

いぼの治療を行う場合、多くの方は皮膚科などの医療機関に受診します。間違いではなく、いぼは自然に改善する事が非常に低いので、医療処置を受ける必要があります。病院で受ける事で改善ができますが、治療後の跡を残したくない場合はそれ以外の機関もあります。治療には健康保険が適用されますので、皮膚科などの病院では大きさや数にもよりますが3割負担で500円〜1500円程で受ける事ができます。液体窒素による治療が多いのですが、多少の痛みも伴うので苦手な方には服薬療法も保険適用であります。病院は疾病の治療が目的の場所なので、いぼを取り除いた後の皮膚は範囲に含まれていません。治療跡が残らない方も多いのですが、残る可能性もある治療方法です。顔など目立つ場所にできた場合、跡が残る事も避けたいという希望者は多いです。その場合、美容整形外科で綺麗に取り除く事が期待できます。美容整形外科の目的は見た目の改善なので、治療後の跡も治療範囲に含みます。保険は適用されないので全額自費になりますが、病院か美容整形外科クリニックかは、費用も含め綺麗に取り除きたいかの有無で選択肢が変わると言えます。いぼを治療する場合、まず病院または美容整形外科に受診する事から始まります。病院は予約不可の場合が多いので直接行き、診察を受けます。状態によりますがその日に治療を受ける事ができます。美容整形外科クリニックを選択すると、病院とは少し治療までの流れは異なります。美容整形外科クリニックでいぼの治療を受ける場合、ほとんどが保険は使えず自費になります。見た目の改善目的には保険は使えない制度です。見た目を改善する事は、病院の治療の様に患部だけを考えるのではなく周囲の皮膚や施術後の姿を医師と患者双方の意見をすり合わす必要があります。そして自費なので費用の事も事前に患者に知らせておくインフォームドコンセントが重要になります。美容整形外科クリニックで治療を受ける場合、まず予約してカウンセリングを受ける日を調整します。受診するとアンケート用紙に希望などを記載し、検査を受けてカウンセリングに移ります。医師と面談して状態の説明と患者の希望をすり合わせて、最適な施術方法を一緒に探します。費用の目安を聞いて、同意したら施術になります。患者は返答をすぐにしなくても良いので、考える時間も余裕もあります。以上の流れの違いが、保険適用の機関と適用外の機関にはあります。